骨盤を締めるのは間違いです!すぐにやめた方が良い本当の理由1

2017年4月30日

骨盤は締めましょう!

なんて言葉を1度でも聞いたことはありませんか?

 

骨盤クッションや座椅子など通販や健康グッズなどなどでもだいぶ増えましたね!

骨盤を締めればO脚が治る、骨盤は開いていてはダメ!締めておいた方がいい!と目にしたり聞けばそう思ってしまっても仕方ありません。

 

でも、でも

これはちょっと間違いなんです!

 

なぜ骨盤は締めてはいけないのか?

骨盤を締めてはイケない理由をお話しする前に、まずは骨盤がどういうものなか基本の構造を知ることで、なるほど~!と理解してもらいやすくなると思います!

 

骨盤とは

 

 

左右1対の寛骨(かんこつ)・仙骨(せんこつ)・尾骨(びこつ)と言う3つの骨で構成されています。

寛骨(かんこつ)は腸骨、坐骨、恥骨が一体となって1個の寛骨になります。

仙骨は5個の仙椎からなり1つの仙骨を構成しています

尾骨は3~6個の尾椎から構成されています

 

骨盤は骨盤は基本の形はありますが、みんなが全く同じかというと個人差があり微妙に違いがあったりします。

骨盤には、仙腸関節(せんちょうかんせつ)という部分があり、寛骨(腸骨)と仙骨を繋いでいる関節があります。

 

この仙腸関節は骨盤の中で一つでだけある関節なんです。

一昔前は仙腸関節は関節といっても動くことはないと言われいましたが、今では医学界でも仙腸関節はごくわずかな可動性を持っていている。

1〜8° (平均2〜3°)、回旋の動きは、0.5〜8 mm (平均 2〜3 mm)は動くとされています。

 

また、骨盤は呼吸をするように開いたり閉じたりする動きます。

これが骨盤のおおまかな構造です。

 

骨盤が開くとは?

あなたは骨盤が開くとはどんふうに思っていますか?

お客さまも、「骨盤が開いている感じがするんです」と言われる方が多いですが、どんな時に開いていると感じるのか伺うと、「よく分からないけどなんとなくそんな気がする」と答えられる方が殆どです。

 

では、実際に骨盤が開くというのはどういうことなのかを解説していきたいと思います。

ざっくりと骨盤が開く言いますが、実は色んな方向に開きます。

 

1、寛骨が開く

写真の赤い矢印のように、寛骨(かんこつ)が外側に開いてしまう。

原因はいくつかありますが、反り腰の人やがに股で股関節が外側に開いてしまう癖が強い人にこの傾向があります。

 

2、坐骨・仙骨が開く

左側の写真のように坐骨が外側へ開き、恥骨結合が開いてしまうケース

これは、横座りやぺちゃんこ座りをしたり、O脚でもなります。

 

右の写真のように、尾骨・仙骨が矢印の方向に開いてしまう人もいます。

反り腰で骨盤が前傾している人や、産後に開いたまま骨盤矯正をしなかった為に固まってしまった人にもおこりやすくなります。

 

このように骨盤が開くといっても色んな方向に開いて歪んだりします。

骨盤の歪み方、開き方は一つの場合もあれば、複合的に歪んで開いてしまっている場合もあります。

 

骨盤の理想の形は

男性と女性では骨盤の形は若干違いますが、骨盤には理想的な形があります。

歪んでくると、骨盤は四角い形に近づいてきます

理想は下の写真のようにハート形の形が理想です

 

骨盤を締めてはイケない理由

お客さまから「とにかく骨盤をギュっと締めて小さくして下さい!」と言われることがあります。

骨盤を締めれば小尻にもなるし、サイズダウンもする!

そんなイメージを持っていませんか?

 

 

骨盤の構造や動き、理想の形を上でも書きましたが、

ただやみくもに小さく締めれば良いという訳ではないです。

締めるすぎることで、逆に体の不調に繋がることもあります。

 

骨盤を締めすぎるとこんなことになることもあります!

寛骨を内側に締めすぎれば、裏側の仙腸関節が引っ張られたり、締めすぎることで仙腸関節の動きが悪くなり腰痛になる人もいます。

 

また、骨盤は起きてるときは交感神経が働き締まり、寝ている時は副交感神経が働き緩むという特徴があります。

骨盤を締めたいと、骨盤ベルトのような物を着用して寝る方はたまにいますが、骨盤が開いたり閉じたりする動きは自律神経に関係するので、寝ている時に締めるのは、副交感神経が優位にならず、睡眠の質も悪くなります。

 

まとめ

骨盤が開いているというのがどういうことで、本当に骨盤を締めるというのはどういうことかというと

開きすぎてしまった骨盤を締め、仙腸関節が動くようにし、自律神経がスムーズに働くようにしてあげるのが骨盤を正しく締める矯正ということです。

 

骨盤が歪んでいるから開いてしまっているのであって、綺麗なハード型の骨盤に矯正してあげれば、小尻にもなり、ウエストラインもスッキリしてきます。

 

歪みがあるのに一生懸命に骨盤を締めようとベルトを巻いたりしても、うまく締まらないでけでなく、逆に体が不調になったりするケースがあるので、自己判断で自己流にやるのはお勧めは出来ません。

お客さまの中には自己流でやって腰痛が出るようになってしまった方もいらっしゃいます。

 

自分の骨盤がどう歪んで、どう開いているのか?は体感しにくく非常に分かりにくいところです。

あたなの歪みがどんな状態なのか専門家の力を借りて、セルフケアもしていくことが一番早く確実で近道になります。

 

まずは一度気軽に相談してみたい方はこちらの無料メール相談

猫背や骨盤の歪みが気になる、くびれが左右で違いなど悩まれいる方はこちらの美容整体コースが勧めです。

---------------------------------------------------------------------------------------------

東京都渋谷区恵比寿1-32-15

TEL 03-5449-9076

Mail info@physis-tbm.jp

小顔・整顔矯正、骨盤矯正、美脚矯正の美容整体サロン

レイキヒーリング・コーチングのメンタルケア フィシス

 


Posted by 東京 恵比寿の美容整体 Physis(フィシス) at 20:36 / ブログ

来店予約はこちらメール相談はこちら

▲ページTOPへ