腰痛の本当の原因は?あなたはどのタイプの腰痛ですか?1

2017年4月19日

急に腰が痛くなる。

慢性的な腰痛で辛い

 

日本人の90%は一生にのうちに一度は経験する国民病と言われる腰痛ですが、その原因を知っていますか?

腰痛の原因が違えば対処も変わってきます。

 

今日はそんな国民病と言われる腰痛について書いていきたいと思います。

 

実は腰痛の85%は原因が不明!

85%も原因が不明と言ったらそこで終了!みたいになっちゃいますが、あくまで病院で受信した場合に見た特定できる腰痛とそうでない腰痛の話です。

 

腰が痛くて受信した際に、腰椎椎間板ヘルニアや分離症、すべり症や脊柱管狭窄症など明らかに原因が特定できる腰痛は約15%程度と言われ、ぎっくり腰などを含めて、原因が不明な腰痛の方が多いとされているんです。

 

こちらの日経の記事にも書いてあります

 

レントゲンなどで撮影しても、これが腰痛の原因と分かるものが15%しか見つからず、あとの85%は原因不明と言う訳です。

 

これは、骨格や筋肉が影響している腰痛に限った話です。

もう一つ気を付けた方がいい腰痛があります。

 

危険な腰痛

腰痛が出るのは内臓からも起こることがあります。

あまり関係ないように感じると思いますが、体の中にある内臓が病気や炎症などを起こしたりすると、肥大化して周りを圧迫します。

 

この時、肥大化した内臓の位置が腰付近だと、腹部痛や腰痛として出たりします。

内臓の状態が体の痛みとなって感じること体壁反射(たいへきはんしゃ)と言います。

 

腰痛と関係が考えられる病気とは

肝硬変、肝炎、肝臓がん、胆石、胆嚢炎、胆管結石、腎炎、腎盂炎、尿路結石、子宮筋腫、腹部大動脈瘤

などがあったりします。

 

実は、僕自身も胆石をやったことがありますが、あれは尋常じゃない痛みでした(汗)

痛すぎてどこがどう痛かったかなんて覚えてないぐらい、冷や汗が止まらず痛みで視界が見えづらくなったりするぐらでした。

 

このように内臓が原因で腰痛になることがあります。

 

自分の腰痛はどっちのタイプ?

原因も分からない、もしかしたら内臓なのか?と心配になると思います。

あくまでも違いの一つではありますが、内臓の病気が原因の場合は、何をしてもどんな体勢をしても痛みは和らいだりしなかったり、一旦落ちいたと思ったらまた急に痛くなったりします。

 

もし、なんかおかしいと思ったら、そのまま放置せず一度病院で検査をしてもらうことをお勧めします。

内臓が原因の場合は早期治療が一番大切になります。

 

原因が分かる腰痛の場合

腰椎椎間板ヘルニアなど原因が分かる腰痛は、酷い場合足に痺れが出たり、力が入りにくくなったり、

歩いていると腰が痛くなり、休むと痛みが無くなるなどの特徴があったりします。

 

それ以外の腰痛

このタイプの腰痛は筋肉疲労や姿勢の悪さなどバランスが崩れることで、腰回りの筋肉が疲労したり、関節の可動域が狭くなることで痛みが出たりするなどが主な原因として考えらます。

 

病院の場合は、湿布や痛み止めなどを出されて終わり。と感じられる方が多くいると思いますが、病院の場合は

4週間から6週間で様子を診たりします。

 

それは、筋肉の痛みのような比較的想定できる場合や骨などに異常がなく、あまりはっきりしないものの場合、病院内で根本的な治療ができない(技術がないというわけではありません)為に、医療の領域では痛み止めを使って様子を見るしかできない。という理由があります。

 

ストレスが原因になることも

ストレスが腰痛の原因になることもあります。

人はストレスがかかると体や腰回りの筋肉が緊張する傾向があります。

 

この筋肉の緊張して、血行を悪くし、疼痛物質が出て痛みとして出ます。

ストレスを感じている人は、気分転換などストレスを緩和させることで腰痛が和らいだりします。

 

まとめ

 

単に腰痛といっても色々ことが原因でなったりしますし、内臓が発端となるケースもあります。

この痛みがちょっとおかしいかも・・・

特になにもしていないのに痛みがどんどん酷くなる。

という場合は、内臓が原因か一度病院で調べてもうのが必要です。

 

西洋医学では、直接患部の原因と治療が主になります。

また、ヘルニアや分離症など、日常生活に支障が出ている場合を除いては、基本様子をみながら温存治療になります。

 

ヘルニアでも腰痛が出ない方もいますし、ヘルニアなどではなくても腰痛がでる方もいます。

整体などは、筋肉や骨格からくる痛みや、姿勢の悪さや体のバランスを整えて体がもつ自然治癒力を高めながら根本的に改善していきます。

 

個人的には、西洋医学も東洋医学もメリットがあるので、両方をうまく取り入れながらやっていくのが理想だと思います。

まずはあなたの腰痛の原因がなにかを調べ、それに合わせた方法で治療していくことが腰痛改善の近道になります。

---------------------------------------------------------------------------------------------

東京都渋谷区恵比寿1-32-15

TEL 03-5449-9076

Mail info@physis-tbm.jp

小顔・整顔矯正、骨盤矯正、美脚矯正の美容整体サロン

レイキヒーリング・コーチングのメンタルケア フィシス


Posted by 東京 恵比寿の美容整体 Physis(フィシス) at 21:05 / ブログ

来店予約はこちらメール相談はこちら

▲ページTOPへ