子供のO脚の矯正は何歳からが良い?1

2017年7月1日

子供のO脚に悩んでいるお母さんやお父さんが結構いらっしゃいます。

「この子の足のO脚は大丈夫だろうか?」と心配になることがあるかも知れません。

 

実際に子供のO脚は治した方が良いのか?治すにはいつからが良いのか?

について書いていきたいと思います。

もし、今あなたが子供O脚や足の歪みについて悩んでいるとしたら、少しでも参考になってもらえればと思います。

 

子供のO脚について

まず大事なのは子供のO脚は大人と違うのでそのメカニズムを知ることが必要です。

大人のO脚や足の歪みは座り方や歩き方など生活習慣で形成されていくことが多く、悪い癖で徐々になっていきます。

しかし、子供O脚は少し違います。

 

子供のO脚はここが違う

子供の場合、生まれてから6歳まで大きく変化します。

ハイハイから立ち始め歩くようになる2歳ごろまではO脚なるのが自然です。

 

その後、一度真っすぐになりますが、3歳半ぐらいまではX脚になります。

そこから6歳ぐらいまでにかけて真っすぐになっていきます。

 

通常はO脚・X脚を繰り返しながら成長してくのが普通だと思って下さい。

これが大人のO脚と子供のO脚の根本的な違いになります

 

子供のO脚を治すのはいつからが良いのか?

通常は足の形が落ち着く7歳から始めるのが理想的です。

この頃の年齢でO脚がある場合は、関節が柔らかい子供の方が大人より改善が早い可能性があります。

子供の足の成長は6歳ごろまでO脚とX脚を繰り返していくので、そこまではあまり心配せずに様子を見て下さいね!

 

とは言え、6歳までに何をするかで骨の成長やO脚など足のバランスを崩していますことがあります。

次は気を付けた方が良いことを書いていきます。

 

子供のO脚に気を付けて方が良いこと

1、無理に歩かせようとしない。

どうしても早く立って歩いている姿を見たいと歩行器などを使ったり、立つことをついつい急がせてしまいやすくなりますが、これはちょっと禁物です。

 

それが【ブラウント病】と言われるものです。

原因は完全に分かってはいませんが、1才未満の赤ちゃんを無理に歩かせることが原因で引き起こされる病気と言われています。

ブラウント病は生後1年を経過してから発症することが多いと言われていて、足の脛骨という骨がまだ柔らかいうちに無理やり早く歩かせようとして腓骨と脛骨の成長に差ができてしまったりして、骨が湾曲してしまう疾患です。

脛骨の発育や成長軟骨に異常がある場合でも、片足もしくは両足に発症し、O脚状態が治らずにそのまま変形してしまうことがあります。

 

子供が自然に立って歩くまで焦らず待ちましょう!

僕自身も、小さいころお尻を擦りながらなかなか立たないので親が心配していたぐらい立つのが遅かったと聞いています(笑)

 

2、座り方

横座りやぺちゃんこ座りをさせていると、膝や足首など関節が柔らかいので癖がついてしまします。

厳しくする必要はないですが、座るなら正座やあぐら、子供の椅子に座らせるようにしたりと出来るだけ足が歪んでしまう座り方をしないようにして下さい。

 

また、この他に【くる病】というのがあり、ビタミンDの欠乏によって、小児の発育期(特に骨の発育期)にカルシウムが骨に沈着せず、しっかりとした骨の組織が形成されない状態になる病気があります。

 

症状としては、骨の成長障害や骨格や軟骨部分の変形が生じたりしますが、あまり知られていない病気と言われいて、近年増えていると言われています。

的確な診断の下でビタミンDの補充や食事療法を行えば、数カ月程度で回復すると言われています。

 

自分の子供の足が明らかにおかしいと感じたり心配な時は、まず小児科などの専門医のところを受診し診断を受けて下さい。

 

まとめ

 

遺伝的なものでなければ、自然と立つまで待ち、横座りやぺちゃこ座りなど足の歪みになる座り方をしないようにして、ビタミンDなどが欠乏しないように偏食しないようにバランスのよい食事を心がけていけば、子供のO脚のリスクは避けらえます。

 

本来であれば子供の足は6歳ごろまで変化をしならが成長していきます。

そこまではO脚だからと心配にならずに様子を見ていきながら、まだO脚があるようであれば、7歳ごろから矯正をしていくというのがお勧めです。

子供のO脚はいつから矯正した方が良いかというと7歳から!というこになります。

 

今心配されているお母さんなどに少しでも参考になれば幸いです。

---------------------------------------------------------------------------------------------

東京都渋谷区恵比寿1-32-15

TEL 03-5449-9076

Mail info@physis-tbm.jp

小顔・整顔矯正、骨盤矯正、美脚矯正の美容整体サロン

レイキヒーリング・コーチングのメンタルケア フィシス


Posted by 東京 恵比寿の美容整体 Physis(フィシス) at 00:59 / ブログ

来店予約はこちらメール相談はこちら

▲ページTOPへ