眠りが浅い、寝つきが悪くて悩んでいるあなたへ!美容や身体に大事な質の良い睡眠を手にする方法!1

2016年7月10日

こんにちは。

恵比寿の小顔・整顔矯正、骨盤矯正、美脚矯正の美容整体サロン フィシスの三枝です。

 

 

ほうれい線が出来やすい原因の一つに睡眠不足があります。

質の良い睡眠は健康やアンチエイジング、美容にみ大切な要素です。

睡眠

寝つきが悪い、眠りが浅いなどで気になられいる方も多いと思います。

もっと質の良い睡眠が取れたら楽なのにな~・・・と感じる事もあると思います。

そんな人は、まずは特に眠りを浅くしてしまうような事を出来るだけ控えるのがお勧めです。

 

まずは睡眠を浅くしてしまいやすいこと

脳を興奮させ、浅い睡眠を招く原因には、次のようなものがあります。

 

1、睡眠4時間前に食物を口にする

2、就寝1時間前に過度に冷たかったり、熱かったりする飲み物を口にする

3、コーヒー・紅茶・赤ワインなど、カフェインを含む飲み物を口にする

4、夜の遅くまで強い光の刺激がある環境の中で仕事をしている

5、仕事帰りにコンビニなど、強い光を放つ場所に寄る

6、就寝前にスマートフォンや携帯などで情報チェック等で画面を見る

7、就寝前に仕事や勉強、考え事や悩み事など、頭を使う活動をする

8、平日と休日の睡眠時間に差がある

9、起床時間が一定でない

10、運動をしない

11、朝に太陽の光をあびない

 

この中でいくつ減らせそうですか?

仕事柄難しいこともあると思います。

まずは完璧に出来なくても、いくつか試してみて下さい。

 

続いては、

睡眠を深くする方法

 

睡眠の質を高めるかんたん呼吸法

  • まず、鼻から息を大きく吸う。
  • 5秒ぐらい止めてから、次に、口から細くしてゆっくり長くと息を吐いていく(20秒ぐらいかけて)

 

この呼吸法を5分ぐらいくりかえすだけでもずいぶんとリラックスできます。

(最初は慣れないので息苦しく感じるかも知れないですが、慣れると楽に出来るようになります!)

 

コツは遠くにあるロウソクの炎を消すように、細~く、長~く、息を吐く感じです!

息を吸うときは交感神経(起きている時の神経)、息を吐くときは副交感神経(リラックスした時や寝ている時の神経)になりるので自律神経が整います。

 

オレンジのアロマオイルが眠りの質を高める

 

ラベンダーも定番ですがスイートオレンジも心地よい深い眠りを誘うアロマオイルの代表

枕の裏側にスイートオレンジのアロマオイルを1、2滴たらす。

又はティッシュやハンカチにたらして枕カバーに入れたり、枕元に置いたり。

 

寝る時間の30分前にお風呂から出る。これが睡眠に最適なお風呂に入る時間

 

お風呂にゆったりと入ることは疲労回復に効果的。

やはりシャワーでは交感神経(ストレスの神経)を高めてしまうので眠りを深くするには夏でもお風呂に入ることがお勧めです。

 

お風呂を出てからパソコンなどをすると緊張モードの交感神経に。

深い睡眠のためにはお風呂に入る時間が大切なポイント。お風呂あがりの汗がひいて体温が下がってくるにつれて、自然と眠くなります。

 

そこで、お風呂から出て30分くらいたった頃が深い睡眠に効果的な時間です。

その頃に眠れるようにお風呂に入る時間を調整してみて下さい。

 

睡眠に効果的な栄養素

・グリシン

グリシンの睡眠への効果とは??

グリシンを摂取することで、この深い睡眠が訪れる時間が早くなります!(研究結果あり)

 

グリシンで深い睡眠をとれば、疲れがとれて熟睡!

深い睡眠のときに、疲労回復に重要な成長ホルモンが分泌しています。

 

グリシンの効果でより早く深い眠りについたほうが、熟睡感が高まるそうです。

実際に研究では、グリシンを摂取した人は、熟睡感を感じやすく、翌朝スッキリ起きられることがわかっています。
グリシンが睡眠の質を改善する理由は・・・

ちなみに、グリシンが睡眠の質を改善する効果がある理由は、グリシンには体温を下げる効果があることが1つの要因であると考えられます。

 

グリシンは血の巡りを良くする作用があり、それにより手足の先端まで血液が届きやすくなります。

手足の先まで血液が回るようになると、手足で冷やされた血液が体を巡り、体温を下げていくと考えられます。

体温が低くなれば睡眠の質は高まり、深い睡眠につきやすくなりますが、グリシンは体温を下げる手伝いをしてくれています。

 

グリシンが多く含まれる食品

動物性たんぱく質中に比較的多く含まれ、エビ、カニ、ホタテ、イカ、カジキマグロなどの 甲殻類、魚介類に多く含まれています。

 

バランスの良い食生活をしていれば、1日3~5gのグリシンを摂っていることになりますが、睡眠の質を改善するには、就寝前に3gのグリシンを摂取するのが理想なので、 3gの量をお休み前に食事でとるには無理があるため、 グリシンサプリメントを使うのが手軽で現実的です。

グリシンは取り過ぎても過剰な量でない限り副作用はありません。

 

寝不足への冷え性の影響(冷え性がある場合)

睡眠不足の影響の前に、睡眠不足の原因となるものに「冷え性」があります。

冬の寒い日に手足が冷たくてなかなか眠れなかった経験があればトマト酢GABA(ギャバ)

 

冷え性に効果的なサプリメント

トマト酢には血管を拡張させ血行をよくする働きがあります。血行をよくすることで体温が下がり、睡眠不足の解消につながります。

 

GABAには脳や神経を落ち着かせ、精神の安定をもたらす効果があります。GABAは人間の能でも作られている抑制の作用のある神経伝達物質で、その影響で脳と精神が安定します。

「トマト酢」と「GABA」を摂取することで冷え性および不安定な精神状態が改善され、睡眠不足の解消に効果を発揮します。

 

眠れない人へ・睡眠不足に好影響な栄養素

その他でよく言われているのがメラトニン・マグネシウム・カリウム・亜鉛、ビタミンC・バイオフラボノイドなどがあります。

 

牛乳やバナナにも良い栄養素があります。

眠剤などの薬のような即効性はないかも知れないですが、薬は副作用もあるので、サプリメントや食品で摂取してみて下さい!


Posted by 東京 恵比寿の美容整体 Physis(フィシス) at 01:32 / ブログ

来店予約はこちらメール相談はこちら

▲ページTOPへ