1日たった10分!足も細くなりダイエットにもなる歩き方があるとしたらあたなは知りたくないですか?1

2016年9月26日

こんばんは。

恵比寿の小顔・整顔、骨盤矯正、美脚矯正の美容整体サロン フィシスの三枝です。

 

普段の歩き方を変えるだけで、足も細くなりダイエットにもなる歩き方があるとしたらあなたはやってみたいと思いますか?

 

実は普段の歩き方を見直し正しく変えるだけで足を細く出来る可能性があります。

逆に癖のある歩き方をしていると足は太くなっていきます。

正しい姿勢と歩き方を覚えて、脚痩せとダイエットを手に入れましょう!

 

癖のある歩き方をしているとなぜ足が太くなるのか?

 

膝を曲げたまま歩いている人、足をズリながら歩く人や最近多いのは膝を内側に向けて内股で歩く人を見かけます。

基本的にこう言った歩きかたをしている人は脚が歪んでいるので太ももやふくらはぎの外側に筋肉を使っているので足が太くなる足太りを引き起こしやすくなる原因になります。

 

食事や脚痩せマッサージをして気を付けても、日々の歩き方が正しくないとなかなか脚が細くならない場合も多いです。

正しい歩き方が出来るようになれば、今やっている努力も相乗効果が得られる可能性があります。

 

正しい歩き方

 

猫背や反り腰などで歩いていては正しい歩き方が出来ないので、正しい姿勢が必要になります。

 

正しい姿勢とは

 

【基本の姿勢】

1:お臍を少しだけ凹ませるように意識します(息は止めず、強く凹ませる必要はありません)

2:お尻を少し引き締める お尻(ヒップ)

3:腹筋と背筋を使い背筋を真っ直ぐにのばす
背骨が反らないように腹筋を意識しましょう。反りすぎると腰痛を誘発します。

4:肩甲骨を寄せる
胸を張るようにすると逆に腰を反らしてします

5:顎を少し引き頭を真っ直ぐにする

%e7%ab%8b%e3%81%a1%e6%96%b9%e6%ad%a3%e9%9d%a21%e7%ab%8b%e3%81%a1%e6%96%b9%e6%a8%aa%e5%90%91%e3%81%8d1

腰を反らし過ぎないように、下腹部の腹筋を凹ませるように正しい姿勢は腰痛の防止、下腹部のたるみの防止などになりますい。腹筋を常に意識しましょう。

 

脊柱が正しいS字ラインになることがポイントです。前から見たとき、脚の内側のライン・おへそ・胸の間・鼻・眉間が1本のライン上になるようにします。そして横から見たときは、くるぶし・膝横・大転子(脚と骨盤のつなぎ目)・肩・耳が1本のライン上になるように。

 

首とアゴを引き気味にして、視線は正面に。

 

壁に後頭部・肩・ヒップ・ふくらはぎ・かかとをつけて立ち、壁との間の腰の部分に腕が入るか入らないか程度の隙間ができると理想的です。

 

悪い姿勢は身体を歪ませ、O脚や肩こりなどの原因となります。基本姿勢をしっかりマスターし、普段も良い姿勢を保つように頑張ってください。

 

今まで歪んでいた状態が当たり前だった身体に正しい姿勢を覚えさせる事は確かにキツイです!
でも、あきらめないで下さい。慣れてくると必ず身体は覚えて自然体で出来るようになります!

 

歩き方のポイント

歩く時に意識して気を付ける事が大切になります。歩く時は、踵から着地しつま先で地面を蹴るイメージで足裏に意識をして歩きます。つま先・膝のお皿が正面を向くようにする事がポイントになります。

1:基本姿勢をとります。

基本姿勢は全ての動作、歩き方の基本です。コレをマスターすれば見た目にも美しいばかりでなく、
筋肉を効率的に使う事が出来ます。

 

2:脚の付け根から前に膝とつま先が正面に真っ直ぐになるように踏み出します。
膝を曲げてチョコチョコ歩く姿はNGです!脚を付け根から長く使うとラインが美しく映えます。

 

3:お臍を凹ませる意識し上半身を引き上げ、踵で着地します。
踵を引き上げることにより、ふくらはぎ・すねの筋肉がしっかり使えるようになるので、結果、全身の血流量がアップします。

 

4:母指球(親指の下)に力を入れ地面を押すようにして蹴る。
この動作を行うことで、足裏の機能をまんべんなく使う事が出来ます。運動効果を高める上でも足裏をまんべんなく使う事は大切です。

 

5:後ろ脚はヒップの筋肉を意識し身体を支え、身体を前に押し出す。
上記4を行えば、必然的に後ろ脚の膝の裏は延び後ろのラインが美しくなります。
%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%91 %e6%ad%a9%e3%81%8d%e6%96%b9%ef%bc%92

 

 

ヒールのある靴での正しい歩き方

女性の場合、オフィスではヒールのあるパンプスを履いていることが多いと思います。

スニーカーのように踵で着地するのは難しくなりますが、コツは踵からの着地ではなく、つま先をから前に踏み出し、この時、脚の付け根から真っ直ぐ前に脚をもっていくようにします。

 

爪先を進行方向ではなくやや外側に向けると、初心者の方は体重移動がうまくいかず、滑ってしまいます。
(つま先を外に向けすぎて歩いている人が多く、これではO脚などのなってしまうの注意して下さい)

膝を曲げて歩くと見た目も悪くなってしまうので、後ろ足は膝が伸びるように意識して下さい。

良い例%e6%ad%a9%e3%81%8d%e6%96%b9%ef%bc%94 悪い例 %e6%ad%a9%e3%81%8d%e6%96%b9%ef%bc%93

 

理想はスニーカーなどの靴が望ましいのは言うまでもありませんが、パンプスは、ヒールを履くのは避けられないので高さや靴幅によって足に掛かる負担が大きく異なります。足に合った靴を選ぶようにしてください!

 

正しい姿勢と歩き方をすると脂肪燃焼の効果も期待でき、外側の筋肉に余計な負担を掛けない為、足は細くなつていきます!

 

ココを押える!歩き方の重要ポイント

1、腹筋をとにかく意識して引っ込める!
2、着地は必ずかかとから!(ヒールの場合は別)
3、後ろ脚の膝の裏はしっかりと伸ばす!
4、つま先と膝は正面を向けて歩く!

 

内ももの筋肉を意識して、身体の中心に引き寄せます。

太ももの筋肉は脚の中でも大きな筋肉です。大きな筋肉を効率的に使い、代謝アップを目指しましょう!

1日10分は「正しい歩き方」を!

今回の歩き方を、1日最低10分間(1回1回は1分や5分でも大丈夫です)は意識して実行するようにしましょう!

10分とはいえ、これまで使っていなかった様々な筋肉を使って歩くので、慣れないうちは結構なエクササイズになります! 慣れてきたら、徐々に「家から駅まで!」・「1駅分正しく歩いてみる」」など時間を延ばしてください。

 

男性は脚を人目にさらす機会が少ないため、脚のラインに無関心になりがです。

ただ、男性も歩き方と姿勢が悪いとイメージが悪くなります。

男性・女性問わず、意外と歩き方を見られています!

 

脚やせに効果的なウォーキング!

もっと早く太ももを細くしたいという方には、ウォーキングをしましょう。

日常の歩くとウォーキングは別なもと考えて下さい。

ウォーキングは、運動を目的とする歩き方なので息が少し上がるような負荷をかけて歩きます。

 

ウォーキングは、正しい姿勢は同じです。

大きな筋肉をたくさん動かして歩くと効果的なので、歩幅を広く腕を大きく後ろに引きながら、全身の筋肉を動かして歩くことを意識しましょう。

正しい方法でウォーキングをすれば、脚の筋肉をバランスよく使うので筋力がついて足が引き締まります。

有酸素運動は脂肪の燃焼にも効果があり、足の裏、ふくらはぎなどに刺激を与えることで血行が良くなり、むくみにくい脚にもなります。

 

対してカロリー消費もないからと思われるかも知れませんが、毎日ウォーキングが無理でも、普段の歩き方を変えるだけでも引き締まっていくとしたらやってみる価値はあると思いませんか?

長く続ければこそ効果が出てきますので、習慣化するつもりで取り組んでください。

 

 

 


Posted by 東京 恵比寿の美容整体 Physis(フィシス) at 12:39 / ブログ

来店予約はこちらメール相談はこちら

▲ページTOPへ