骨盤を矯正すればO脚が治るのはウソ!ここが改善しないとO脚は治らない!1

2016年12月21日

こんばんは。

恵比寿の小顔・整顔矯正、骨盤矯正、美脚矯正の美容整体サロン フィシスの三枝です。

 

こんな真っ直ぐで綺麗な足になりたい!

%e7%be%8e%e8%84%9a

O脚で悩んでいる、美脚になりたい、足の形が悪くて足の出るスカートを履けないそんな悩みを抱えているあなたへ

【骨盤を矯正するとO脚が改善】という言葉を一度でも目にしたことはありませんか?

 

骨盤を閉める椅子やクッション・マッサージチェアなどの商品なども数多くあります。

骨盤が歪み広がってしまっている場合、ああいった商品を使って歪みを整えるケアをしていくのはもちろん良いことなのでおススメしますが、

 

それを使ってお尻周りが小さくなって太ももの隙間が減って嬉しい!O脚も改善した!と喜ばれるのはちょっと待って下さい!

というのも、実は一時的に骨盤が締まることで太ももの辺りの隙間が狭くなり、あたかもO脚が治ったように感じるかも知れませんが、根本的にO脚が改善している訳ではないのを知っていましたか?

 

O脚を改善して綺麗な足、美脚になるには骨盤だけ閉めて矯正してもダメなんです!!

骨盤が開いているからO脚になると書いているところが多いですが、実際はO脚やXO脚などの足の歪みがあるから骨盤が開いていきます。

 

では、

どうなっていることがO脚を改善するということなのか?

 

O脚とは

O脚には大きく分けて、先天的O脚後天的O脚があります。

先天的O脚は骨の変形や関節の障害などが原因で、一般的あるO脚矯正では改善しないことがほとんどです。

 

先天的な場合は整形外科などの外科的な治療の必要があります。

ただ、必ず完治するとわけではありません。

 

一方、後天的O脚とは、生活習慣の悪い癖などが原因で、関節が捻じれて歪んでいきます。

日本人のO脚の比率は8割とも言われています。

 

諸説ありますが、農耕民族で床の上での生活(正座)などの昔ながらの習慣からDNA的な骨格が欧米と違うなど言われることもあります。

その他には、日本人(アジア系)は体格が華奢(きゃしゃ)な為、筋肉量が少なく体を支えるのに負担が掛かりやすいので歪みやすいことや、赤ちゃんの時に立って歩かせる時期が海外より半年近く早いなどの理由も考えられます。

 

O脚はどういう状態なのか?

美脚イラスト

O脚とは図のように、股関節と膝関節が内側に捻じれ、足首(足関節)が外側に捻じれて歪んでいます。

annaashibannakashib

これは実際にO脚で悩まれたて来られたお客様の写真になります。(掲載許可を得ています)

状態を見てみると図と同じようになっているのが分かりますか?

 

股関節から内側に捻じれ、膝の向きも内側に向いてしまっています。

この時に、膝と膝の間の隙間は指4本分開いていました。

 

後天的O脚は改善が可能ですが、ここまでのO脚の場合改善に若干時間が掛かることもあります。

このお客様は治したい気持ちが強く、自宅でのケアも一緒に頑張って頂けたのでかなり改善することができました。

annaashiaannakashia

このようにO脚は股関節や膝・足首などの足の関節自体の歪みが大きく影響しています。

 

O脚だとなぜ骨盤が開くのか?

 

一度でもO脚と言われたことがある人や、自分自身でもO脚だな~と感じている人はこんなことはありませんか?

●脛(すね)の外側が疲れやすくてパンパンになる

●太ももの外側が張る又は触ると硬い

●お尻が凝っていると言われたことがある

●靴の踵の外側が減るのが早い

●ヒールを履いている時に挫きやすい

 

O脚の場合は常に外側に重心が掛かり、負担がある為に外側に筋肉が疲れます。

普段か外側の筋肉を使っているということは、鍛えているのにて、発達してきます。

筋肉が発達すれば、当然のことながら外側へ引っ張る力も強くなります。

 

これが骨盤からお尻、太ももを外へ引っ張り開いていく原因にもなります。

その為、O脚などの足の歪みを矯正して整えていかないと、骨盤を閉めてても安定せずにすぐに骨盤が開いてしまうことになってしまいます。

 

まとめ!

O脚には足の歪みが大きく影響しているのが分かったと思います。

更に外側の筋肉を常に使っているので、筋肉が疲労と発達をしていく為に偏った筋肉太りと疲労が蓄積され、外側へ引っ張っていく力も強くなっていきます。

 

このように、足の関節の捻じれや歪みを正しく矯正しない状態で、いくら骨盤を閉めてお尻周りや太ももの隙間が減ったとしても一時的な効果に過ぎず、骨盤だけ閉めてもO脚の原因となる股関節の捻じれや膝下歪みや足首の歪みまでは取れません。

むしろ、体を支える土台となる足の歪みを整えないと、常に不安定な状態で立ったり歩いたりしていることになります。

 

もし、O脚などを改善したい!スラッとした脚にしたいと思っている場合は骨盤だけでなく、足の歪みも整えていく必要があります。

 

今回はO脚について書いていますが、足の歪みにはO脚・X脚・XO脚・OX脚などいくつかのタイプがあります。

間違ったケアをしていると効果がないばかりか、逆に酷くしてしうこともあります。

 

O脚や足の形・歪みが気になっていて改善したいと思っているけど私はどのタイプなんだろう?と分からない場合は初めての方のみ無料カウンセリングで状態を見ることもできるので気軽にご連絡下さい。

 

 

 

 


Posted by 東京 恵比寿の美容整体 Physis(フィシス) at 22:13 / ブログ

来店予約はこちらメール相談はこちら

▲ページTOPへ