肩こり・背中の辛さの原因 姿勢の悪さは猫背以外にもこんなタイプがあります!1

2016年12月18日

こんばんは!

恵比寿の小顔・整顔矯正、骨盤矯正、美脚矯正の美容整体サロン フィシスの三枝です。

 

なぜかパソコンのネットが原因不明で繋がらなくなってしまい、更新も出来ず・・・

やっと復旧が出来ました!!

 

美容整体サロンと言っても、猫背や姿勢の悪さが気になって来られる方も多くいらっしゃいます。

その姿勢の悪さや歪みがあると、首の辛さや肩こり・背中の辛さの原因になります。

 

最初はこの姿勢の悪さが気になり来られますが、改善されいくと自然と首や肩のこり、背中の辛さも殆どの方が改善されていきます。

それだけ体の歪みが不調の原因にもなるということです

 

そんな中、お客さまは

「私、姿勢が悪くて猫背だから・・・」と言われる方が多いですが

 

実は猫背以外にも首の辛さや肩こり、背中の辛さになる姿勢の歪みがあります。

それが【平背(へいはい】と言われる姿勢の歪みです。

 

平背(へいはい)とは?

姿勢が悪い=猫背というイメージを持たれいる方が殆どだと思いますが、女性の姿勢不良で多いのが平背(へいはい)と呼ばれる姿勢の歪みです。

平背(へいはい)とは、猫背の逆で背骨がまっすぐ過ぎる状態です。

医学的にはフラットバックとも言います。

背骨は本来、緩やかなS時カーブを描いています。

骨盤と腰はやや前弯(前に湾曲)し、背中は後弯(後ろに湾曲)、首は前弯(少し前へ弯曲)、という形をしています。

auto_KNaX1k

平背とは、この本来あるはずのゆるやかなS字カーブがなくなってしまい、首から腰にかけて真っ直ぐになってしまった背骨のことです。

 

なぜ平背(へいはい)だと分かりにくいのか?

立った時の姿は背中が伸びているので、一見姿勢が良いように見えます。

しかし、腰が少し反り気味になってしまい、背中が真っすぐ(ストレート)になった状態なので見た目猫背ではないので姿勢が良いと勘違いしてしまいやすいのです。

 

平背が原因で起こる体調不良は

1、背部痛

背中が伸びきっているので、背中の筋肉がいつも緊張状態にあります。

その為、背中が凝りやすく背部痛を感じる人もいます。

また、猫背と違い丸まった背中を伸ばして気持ちいいという訳にもいかず、背伸びをしてもいまいち緩みません

 

2、腰痛

背部痛でも書いたように平背は背筋が伸びているので、見た目よりも実は猫背よりからだにかなり負担をかけます。

本来ある背骨のS字カーブはバネの役割をしていて、首の重さや下からの衝撃や振動など緩和してくれいます。

 

この背中のカーブがないことで、バネの役割が果たせずに影響を受けます。

上半身の重さや歩いた時の振動などが腰にダイレクトに伝わることで腰痛になる要因の一つになります。

 

さらにひどくなると、常に腰に負担が掛かっているので、腰椎分離症やヘルニアなどを引き起こしやすくなったり、足に痺れや痛みが出てします可能性もあります。

 

3、息切れ

背骨の湾曲がなくなると、背骨自体の動きが制限されて肋骨の動きが悪くなります。

その為に息をしたときに肺が大きく広がらずに呼吸が浅くなり、息がつまるように苦しくなることがあります。

 

息が吸いにくくなると体に力が入りそこから更に背中の筋肉に力を入れる癖がついてきます。

息苦しさ自体も、とても不快で辛いですが、それが続くと自律神経に負担が掛かるので気を付けないと自律神経失調症になってしまうこと一つの要因にもなってしまいます。

 

4、首コリや肩コリ

平背(へいはい)になると、背中がコルのは前にも書きましたが、肩こりは背中の筋肉の緊張からもコリに繋がります。

しかも、首もストレートネックになりやすく、首への負担から首コリへと繋がりやすくなります。

 

5、胃腸の不調

平背だと、息切れを起こすのと同様に内蔵周りにも負担が掛かります。

腹筋・背筋のバランスが悪くなるので内蔵をうまく支えられず、胃腸の位置が下がってしまい負担を掛けやすくなることがあります。

 

平背を改善するには?

 

平背を改善するには自宅でのケアも非常に重要になります。

自宅でするケアをご紹介

 

1、背骨のストレッチ(猫のポーズ)

%e5%a7%bf%e5%8b%a2%e6%94%b9%e5%96%84

1、床に垂直になるように、両腕と両膝を床について四つんばいになります。

2、両腕と両膝を肩幅程度に開いて、目線は床に向けます。

3、息を吐きながら、両腕と両膝の位置は動かさずに、天井へ突き出す感覚で背中を丸めます。

次にお腹をへこませて、頭を両腕の間に沈めたら約30秒ほど自然呼吸をしながらキープ

4、息を吸いながら、背中を反らせて顔を上に上げ胸を張ります。そのポーズのまま再度、約30秒ほど自然呼吸をしながらキープ

5、これを5回前後繰り返します

 

2、ストレッチ

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%81%ef%bc%93

背中が真っすぐになっているのが平背なので、このストレッチで背骨の上の方を丸めるように意識してストレッチします。

息は止めずに、まずは吐きながらこの体勢になったら、自然な呼吸をしながら30秒ほどキープ

 

3、背中を丸める

%e3%83%a8%e3%82%ac%e8%83%8c%e4%b8%ad%ef%bc%93

1、仰向け寝転び、両膝を折り曲げて両手で軽く抱く。

2、息を吐きながら、両膝を抱き寄せ膝を胸に近づける。肩の力を抜いて深呼吸する。

3、膝と頭を近づけそのまま5回自然に呼吸します。

 

4、ヒップリフト

%e3%83%a8%e3%82%ac%e8%83%8c%e4%b8%ad%ef%bc%92

1、膝を立てて仰向けに寝ます

2、背中を付けたままお尻を浮かせて、出来るだけ胸・腰・膝の高さまで一直線になるように上げる

3、慣れないうちは10秒キープ・慣れてきたら30秒キープを3回くり返す

 

5、体感トレーニング

%e4%bd%93%e5%b9%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0

1、うつ伏せに寝ます

2、肘をついて上半身をあげたら、お尻を浮かして背中が平行になるようにします

3、こちらも慣れないうちは10秒キープ・慣れてきたら秒数を伸ばしていきましょう

 

平背は猫背よりも分かりにくいので、見逃しやすいですがチェックをしてみて下さい。

もし、平背(へいはい)の場合は、猫背よりもそこから起きる不調の原因にもなるので、背中の柔軟性を作ってケアしましょう!

 


Posted by 東京 恵比寿の美容整体 Physis(フィシス) at 00:49 / ブログ

来店予約はこちらメール相談はこちら

▲ページTOPへ