間違ったやり方をしている人が多い本当に正しい姿勢の仕方1

2017年1月14日

こんににちは。

恵比寿の小顔・整顔、骨盤矯正、美脚矯正の美容整体サロン フィシスの三枝です。

 

今シーズン一番の大寒波がきていますね!

2~3年に一度の強い寒波らしいのでちょっと気を付けたいですね。

3首(首・手首・足首)をしっかり保温して体を冷やさないようにしましょう!

 

さて、姿勢が悪い・猫背が気になる方は

「姿勢が悪くならないように気を付けてはいるんですが・・・」

「気が付くと背中が丸くなって・・・」

となかなか良い姿勢が保てないと言われることが多く悩まれます

 

「今まではどうされてきましたか?」と伺うと

・背中が丸くなないように背筋を伸ばす

・骨盤を立てる

など言われることが多いですが

 

実際にやり方を見せてもらうと、間違ったやり方をしている人がかなり多いです!

 

なぜ間違ったやり方をしてしまうのか?

 

一つは、よく小学校の頃に【背筋を伸ばす】・【背中を丸めない】・【胸を張りなさい】と言われるだけで、間違ったやり方でイメージがついてしまったのが大きい

もう一つ、どこかで言われたアドバイスなのか【骨盤を立てましょう】という表現自体が分からないのでどうやって良いか分からない

といったケースがあるのかな~と思います。

 

では、

実際に背筋を伸ばして、胸をはってみると?

 

ん~・・・背中や腰がちょっときついと感じたり逆にしんどい。と感じたりしませんか?

 

なぜ、背中や腰がきつく感じるのか?

 

猫背の人は常に背中の筋肉に負担がかかり、背骨と周りの筋肉がかなり硬くなってるので、無理やり力を入れて伸ばそうとすると動かないものを無理やり動かそうとするのできつく感じます。

 

背中が伸びないと今度は腰を反らしてどうにかして姿勢と正そうとするので、反り腰になり腰に負担が掛かり、腰がきつくなったり、人によっては腰痛が出る方もいます。

 

そうなると、

姿勢を良くする→背中がきつい・腰がつらい。というイメージがつき気になるけどやらなくなる。と悪循環になります。

 

次に

骨盤を立てましょう!って?

 

骨盤を立てましょう!と言われてこの位置が正しい位置だな!と分かりますか?

凄く分かりづらいし、骨盤を立てるってどうゆうこと言うの?と思いませんか?

 

実際に骨盤が傾き過ぎているのがどんなことなのか下の図を見てみて下さい

 

骨盤が前に倒れてしまう前傾(ぜんけい)や後ろに倒れてしまう後傾(こうけい)とは

骨盤01骨盤後傾

図で見る分になんとなくこれが良くないんだろうな~と分かるとは思いますが、

じゃ~立てるってどうしたら良いのかは分かりにくいですよね。

 

前傾(ぜんけい)でも後傾(こうけい)でもない骨盤の正しい位置や傾きがそもそも分からない

だからやっても合っているのかすら分からないし、分からないから続かないのが大きな原因の一つだと思います

 

じゃ~正しい姿勢はどうすれば良いの?

と言いたくなりますよね。

 

これで良いのかな?・・・

こうしたら骨盤が立ってる感じかな~・・・

とあれこれ色々難しく考えなくても良いですよ!

 

正しい姿勢にする簡単なポイント

 

まずは

立っている時や歩いている時

 

お臍を少しだけ凹ませるだけ!

これだけで良いです!

 

この時、息は止めないで下さいね。

呼吸は普通にしながら少しお臍(お腹)を少し凹ませるイメージです

上半身は意識せず力は抜いてた状態にしておきます。

 

もし、お臍(お腹)をうまく凹ませることができない場合は、普段か呼吸が浅く胸式呼吸(きょうしきこきゅう)になってしまっているか、腹筋が弱くなっている可能性があるので、腹式呼吸から練習が必要になります(汗)

 

ずっとお臍(お腹)を凹ませている必要はないです

正直、ずっとやっているのは難しいので、最初のうちは1分ぐらいで良いので意識して始めてみて下さい。

 

慣れてきたら5分・10分と時間を伸ばしていきましょう!

コツは電車で一駅分だけやってみよう!とか、ここからあそこまで歩いている時にやってみよう!と日常生活の中で取り入れるとわざわざその時間を別で作る必要がないので楽にできます。

 

座ってる時

 

デスクワークで座っている時間が長いお仕事の方の場合は、座っているうちにだんだん猫背になって姿勢が悪くなりやすいですよね。

 

これも簡単はポイントは

座る前にお尻をギュっと閉めて、閉めた状態をキープしながら座ります。

イメージしにくい場合はお尻の穴を閉める感じだと分かりやすいかも知れないですね

座ったらお尻の力は抜いて大丈夫です!

 

これだけでOKです!

更に出来る人は座ったあとにお臍(お腹)も少し凹ませられると効果的なので、同じように時間を決めて意識してやってみて下さい!

 

最初はお尻を閉めたまま座るのがちょっとやにくく感じるかも知れないですが、うまく出来ていれば座った時にいつもより足が閉じた状態で座れます。

 

この座り方をすると足が閉じて足を組みにくくなるので、一石二鳥です!

足を組む癖がある人は、骨盤が開いているので足が開き、開くと組みたくなるので組んで余計に骨盤が歪む悪循環になります

 

デスクワークの方は、パソコンと目線の高さを合わせたり出来るとより背中が丸くなりにくいので出来る方は見直してみて下さい。

 

正しい姿勢の取り方や正しい姿勢と歩き方をもう少し詳しく知りたい方ダイエットにもなる歩き方のこちらに書いてあるので読んでみて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Posted by 東京 恵比寿の美容整体 Physis(フィシス) at 21:57 / ブログ

来店予約はこちらメール相談はこちら

▲ページTOPへ